血行を促進させる

blue medicines

AGAになると髪が育たなくなり、その結果、抜け毛が増えて髪が薄くなり、最終的には額から、あるいは頭頂部からゆっくりとハゲが進行していくのです。
抜けた髪を実際にとりあげて見てみると、それは明らかです。太くコシのある長い髪ではなく、細くナヨっとした、いかにも発育不良の髪の毛ばかりであることに気づくでしょう。つまり、AGAに対処するために最初にすべきなのは、きちんと髪を育てること。太く、コシのある長い髪に育て、長く頭皮にとどまってもらうようにすること、それが大事なのです。
育毛剤ロゲインに含まれるミノキシジルは、まさしくそこに光を当てたものとなっています。ミノキシジルは、AGAによって髪が育たないという状況を改善させる働きがあるものなのです。ではどうやってそれを可能にするのか?ミノキシジルは頭皮に働きかけ、血行を促進させます。
AGAになって髪が育たなくなるのは、頭皮の血管が細くなり、血液が正常な頃よりも少なくなることが原因です。血液は体中をめぐり、栄養分として各臓器、器官に供給されています。もちろん頭皮にも運ばれ、髪を育てるための栄養分にもなります。しかしAGAによって頭皮の血管が収縮することで血液が充分に行き渡らず、そのせいで髪が弱々しいままぬけてしまうのです。
ロゲインに含まれるミノキシジルはそこにハッパをかける役割を果たします。頭皮の血管を拡張させて血液の量を増やし、生えてくる髪にしっかりと栄養がいきわたるようにしてくれるのです。
こうして、AGAの進行を食い止めることができるのです。